Message from SakaeKuroda
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

KawashimaTextileSchool


卒展の最後を飾るのは、KAWASHIMA TEXTILE SCHOOL

今年は学生数がちょっと少なかったので広い空間でゆったりと
観ることが出来ました

トヨサンの「くちぶえまばたきまほうつかい」
     「もうあのまほうはとけてしまった」
きれいな色の絹糸を巻き付けて成形、不思議な感触




サンサンさんのバージョンアップしたきのこ帽子
実際に被れなかったのが少し残念・・・



http://www.tinytoadstool.com/top.html 

卒業生のオカモんとシノさんのキモノの前でパチリ
髪の色が普通になっていてなんだか心安らぎます アハッ〜
今年のカワシマ


今年もまた川島テキスタイルスクールの授業が始まりました
すでに3回済みましたが、昨年は音楽を聴きながら自由に心に浮かんだイメージを絵にする
と言う授業をしましたが、今年の生徒さんは一見おとなしそうなんですが皆さんしっかり自分を持っておられこちらが言ったことにも素直に的確に答えてくれるかなりレベル高い印象です

っで、デッサン以外に私が指導できるものを組み込んでいるんですが、今年は銅版画をすることにしました

一回目の授業でラインエッチングまで行きたかったのですが、速乾性の固形のグランドを使用したかったんですがウォーマーがないのでなるべく早く乾燥する液体グランドを使用しました

しかし、皆さん厚く濃くグランドを塗ってしまわれたのでひたすら乾燥を待つはめに・・・

来週はもうちょっと時間の無駄を作らないように段取り良くやらなくっちゃ〜〜〜ペコリ

でも、2人は刷りまで行けてマアマア・・・ ホットしました  汗汗
カワシマテキスタイルスクール
 
10月14日(火)から5回限定で週一回の川島テキスタイルスクール
授業が今日で最終回を迎えました
 
本科クラスの14名のデッサンの授業を担当しました
やはり織物をするにも写真の勉強をするにもメイクの勉強をするにも
デッサンはとても大事なものなので短い期間ではありましたが
皆さんと楽しく授業をすることが出来て感謝一杯であります
もう少し回数があれば理解も深まり上達が見られ自信にもつながったかと
思われる部分もありで、すこし残念な感もありかな〜?

最終日は他画像と言って、二人ずつペアになってもらいお互いを
描き合うということをしました
先週はプロローグ的に画用紙一杯に鉛筆で自画像を描いてもらいました
なかなか力作ぞろいではじめて自画像を描く人もいて大笑いのうちに終了しました
今週の課題は、どちらかがモデルになってじっとしているのなら描きやすいのですが
動く対象物を捉えて描くというのはかなり難しかったと思います
でも、みなさん集中して自分にどこか似たともだちの顔が出来上がり
個性豊かでとても楽しい授業でした・・・ええっ〜私一人楽しんでいる〜???

そして最後に色紙に似せようとしないですばやく相手の特徴だけを
つかんで楽しく描くっと言うことで似顔絵を描いてもらいました
記念にもなるのでこれまた大笑いの試みでした
写真メッチャボケボケですみません


唯一の男子「おかもん」を描いたのは東田さん!



以前、私も倉谷さんに織物、糸紡ぎを習っていていろいろと創っていましたが
本業に専念しようと織り機もスピニングホィールも友人に譲りました
初めてカワシマに行った時に織り機や織りに使う道具などを目にし、なんか
不思議なご縁を感じました
そして、また織物を志す人たちにデッサンを教える自分自身にもっと不思議な
巡り会わせを感じました
 
先々週だったか、そんなことを考えていたら倉谷さんの顔が急に見たくなり
会いに行ってきました
彼女は数年前から京都大学のアフリカ研究の教授から依頼を受けて
エチオピアのエンセーテという繊維を使っての仕事を模索しながら
続けていました・・・倉谷テーマは次回へと続く・・・