Message from SakaeKuroda
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MY WORKS
 個展も無事に終了し、後の業務も終え、ほっとしております
暑かった夏も終わりお彼岸もすみましたが日中はまだまだ暑いですね
天気予報では今年は暖冬になるよう
でも、海水の温度が上昇して生態系が崩れて行くのがこないだまでは信じられなかった
他人事のように感じていましたが、今ではいろいろな角度から実感することがあり影響を感じますね

さてさて、久しぶりにMY WORKSをUP したいと思います
新旧取り混ぜてご覧下さいませ

まずは先日のArt Space MEISEI での様子です
寺町通に面したガラス張りのところにメインとなる80号 Pサイズの「Je te veux」を
飾りました
ガラスにはとってもおしゃれな作品展のタイトルなどのシールをプリントアウトして張っていただきました
これは特殊なやり方で器械があればできるそうですが何ともはやイカしていますね

普通の照明の感じはこんな感じです
私にとっては珍しく人物が描かれていません
色彩は暑苦しいですがイメージはとってもシンプルですね(笑)



こちらは日が暮れてライトアップされた感じです
カメラじゃなくIPhoneの画像なんで限界があります
でも、実際はとてもきれいでした
作品タイトル「Je te veux」はフランス語で意味は簡単、AKBもうたっているI want youです


さてギャラリーの中へ



今回の案内状に載せた「紅茶のおいしさがわかるまで」がお出迎え

3号S 昨年の銀座個展の「Colorfully」


続いては「Rose shoes」の3連作です
この銅版画の版はこ〜んな形です



3連作の隣は、The rose と題した二版多色刷りの銅版画です


少しピンぼけ(ほとんどピンぼけ?)の油彩テンペラ画二点です
向かって左は8号の「SACCO VERA」右側の作品は「上昇気流に乗って」
どちらもカラフルで明るいイメージですね〜




豪華なフレームのこの作品は「Episode」と題したこってり?した作品です






その横は0号の何度も加筆している「夜に抱かれて」と言う作品です


メインの壁面には20年前の「Rose garden」を中心に最新作「夏に生まれる」
など5作品を展示しました


ウインドウの裏壁面には花シリーズの一版多色刷りの銅版画二点と
大好きな作品「私と葡萄」を展示、側面にはこれまた人気の「Three dogs」と
「New house」の小品を展示

では、皆さま、ご高覧ありがとうございました
お名前、ご記帳ねがいます〜♪
「いやいや、名のるほどの者ではございません・・・」
「何を仰る、せめて、お名前だけでも・・・」
(個人情報がばれてしまったお方、どうぞお許しを♡)

では、次回はまだ紹介できなかった作品をUPしたいと思います
皆さま、おつきあいのほどよろしくお願いいたします〜☆




いつもそばに


0号の小さな作品です
制作年は20年・・・20年前にある作品を描きました
なんや気に入らないので何度も何度も描き変え描き変え
2年前にやっと思うように描けました

それはそれは深いマチエールと精神性を備えた作品になりました

個展で発表したらすぐに買い手がつきその後も何人かの方が声をかけて下さいました

タイトルは「いつもそばに」  珍しく猫ちゃん登場です

クリックして大きな画面でお楽しみください

明日から、4っかっかン!森の小枝にてバレンタインセール?
やっております

お天気はまたまた冬に小戻りしたようです
ホットあたたまりにいらして下さい・・・
森の小枝オリジナルラブ注入チョコも販売いたしておりま〜〜〜〜ッス
作品の保存
IMG_5997.jpg
人気No.1のhopeちゃん

個展終了後もやらなければならないことがたくさんあります

展覧会前には、作品の写真を撮ったり、スキャニングしている余裕がありません

お嫁に行ってしまう子たちを優先的にデータ作成しておき、後の作品も順を追ってデータを作って行かなければなりません

梱包発送したり、お届けに行ったり・・・その先でじっくり話し込んじゃったり・・・

でもこれも展覧会の一部の仕事です


人の展覧会を観に行ったら、終了後すぐに必ずお礼状をくださる方もたくさんいらっしゃいますね・・・

頭が下がります

私が個展を始めた頃(25、6年も前のこと)そんな風習はなかったですね・・・

気がついたらいつの間にかですね 

私の場合は出すときもあれば出さないときもあったりです
出そうと思っているうちにタイミングを逃してしまい、すみませんって感じです

一期一会です、 感謝の気持ちはいっぱいです

皆様、元気な笑顔でまたお会いしましょう!    

annunciation

「受胎告知」 annunciation

フラ・アンジェリコの受胎告知を模して1992年に描いた10号の作品です
この頃、徳島のアジール画廊で個展をしたりグループ展をしたりよく徳島にいってました
そのときに出会った伴清一郎氏・・・今は鎌倉にお住まいですが、
この出会いから銀座の柴田悦子画廊とつながって行くとはその時想像もできないことでした

1992年頃は伴氏の影響でルネッサンス期の古典絵画風な作品を多く描いていました
もとからボッティチェリやピーターブリューゲルなどはすごく影響を受け。大好きな画家であったのですが

フィレンツのウフィッツ美術館に行ったとき。ボッティチェリの「春」は修復中で見ることができなかったので、
機会を見つけて原画を見る旅に出たいものです

テンペラ画の本当の美しさを脳裏 心 体に染み付けておきたいです


昨日は、SAKAEKURODA ARTCLASSの日でした
生徒さんはは4名でしたが皆さん今はテンペラの作品制作をがんばっておられます
課題は自由に描いてもらっているんですが、失敗あり、迷路に迷い込まれたり、山あり谷ありですが
皆さん根気強く取り組んでおられます
その成果ありで、昨日はなかなかいい作品に仕上がりそうな予感を感じ念願の教室展開催の光が見えてきたことが
とてもうれしかったです

そう、継続は力なり・・・好きこそものの上手なりですね

この調子で行きましょう〜〜〜♪♪♪
ANDANTE


comme un escargot

ほんとはとても情熱的で攻撃的だったり

赤が似合うはず



どこまでも真っ赤なライトを浴びて

一曲、

Shall we dance ?

花散る頃


心の奥に響く

セレナーデ

きっと、もう決まっていたことなのかも

優しすぎると幸せになれないのって

花散る頃

風がささやく




六月の扉
 
これは、4年前の中井での個展のDMに使用した作品です

「六月の扉」 3号F の小さな作品です

今は淡路島にお嫁に行ってしまいました

個展まであと一ヶ月・・・
おしりはボウボウ燃えています

新作はお見せできないの
ギャラリーにてお待ちしています

それにしても天候不順・・・
温暖化?地球は病んでいる・・・?

なんとかしなくちゃ〜〜〜!
第二章
タイトル「第二章」 

これは水彩画にしてはかなり大きな作品です
以前、パティスリー ナチュール シロモトさんからの依頼で
描いた作品です

松井山手でお店をオープンして早10年

念願の第二店舗が今秋にオープンするそうです

この作品も新店舗に飾られるみたいです


今からたのしみです〜♪