Message from SakaeKuroda
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ようやく満開 | main | 薔薇の季節 >>
蘇る家具〜葬られる家具




Early summerと言う表現がぴったりの季節になりました。
来月には梅雨の憂鬱な日々か続く前に、気持ちのいい季節を楽しみたいですね!

5年ほど前に椅子の修理をされている村上椅子さんを知りました。


しかも、我が家からそう遠くなくどちらかと言うとご近所な感じ。
始めに依頼したのは昔、美容院の知り合いから改装のために要らなくなったイタリア製の椅子を貰って使っていたのですがクッション部分は剥がれ使えなくなって部屋の隅に追いやられていたおしゃれな椅子をもう一回綺麗にできるものなら修理して命を吹き込んであげたいなって思って頼みました。
数週間後、真っ赤な新品の素敵な椅子に変身して帰って来ました。
今では、パソコン机の椅子になって私をサポートしてくれています。



すして数年が経ち今度は、叔母の家の遺品のとても昭和レトロな応接セットを貰い受けその上から絵を描くcanvas生地を張ってもらいその上に絵を描き個展に出品しました。
とても刺激的で楽しい試みでした。
今は教室に大きな顔で鎮座して、かわいい生徒さんが座ってお菓子食べたり、荷物置きになったり大活躍しています。


そして、今回、数年悩んでいたところこれもなにかのご縁ですね!

私が生まれる前から家にあった、祖母が産婆だったので産院の診察室にあり妊婦さんとの問診時に使っていたと言う古いペアーの椅子




それも言わずもがな相当のボロボロで蚤やダニだらけで捨てようかって思っていましたが、なんだかかわいそうで捨てないで〜って声が聞こえて来るようで断捨離には引っかからずしばらく母の歩行の支えになっててくれていました。



また、素敵な張り地と巡り合ったら是非修理してもらおうってぐらいに気楽に思っていましたところ、運命はやって来るもんですね、先日の寝室の工事の時の壁紙を選んでいた時に偶然その出会いはやって来ました。

しかし、その生地は思っていたより予算がオーバー…悩んだけど、諦めてまた待つか少しの出費を喜びと捉えるか、人生の選択!ちょっと大袈裟ですね!

でも、お店の方も大推薦、座布団を作るから一緒に買えば少しコストも抑えられるとのことをおっしゃられて背中を押され張り替えしてもらうことに!


しかししかし!!

その生地がなかなか人気でなくって待つこと3ヶ月。



二色揃ってやっと昨日、村上椅子さんが納品に来て下さいました。


このために、玄関を綺麗に片付けておいてよかった!

この二脚をおいて眺めていると存在感があまりに大きすぎて私の脳みその左脳と右脳がムズムズ動き出して来たようです〜〜!(意味不明(???)

ぜひみなさん、この椅子に座りにいらしてください!




before



after






スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://sunnysakae.jugem.jp/trackback/400
TRACKBACK