Message from SakaeKuroda
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 酷暑の夏 | main |
秋本番は、もういいかい〜まーだだよーw
9月 25日から30日まで
大阪 中之島 LADS gallery にて初めての個展を開催していました。


事前の告知ではなく、今日は個展が終了して一息ついてのいろんな想いを綴ってみたいと思います。



以前から友人が個展をしていてLADSのことはよく知っていたのですがその頃は繁華な心斎橋にギャラリーはありました。
訪れるたびにオーナーさんが気さくに笑顔で接してくださり居心地の良さ感じてました。


私は、その当時は地元京都で毎年企画展を開催してくださるホームグランドのようなギャラリーがあり、そこの展覧会をこなすのが精一杯でなかなか他のギャラリーで展覧会をする余裕もありませんでした。



今から7年前ごろから母や叔母の介護が始まり制作するどころか自分の体調まで元気印だった私が更年期も重なり辛い日々が続きました。

しかし神様はいつでもみていて守ってくださるもんですね、叔母を見送り私も体調もほぼ元どおりになって昨年から母も施設に入所できるようになり、制作に没頭できるようになってきましたえ。

自分自身を奮い立たせるために、昨年は東京銀座で、今年は大阪で個展を開催することにしました。

しかし 以前のように調子もなかなか戻らなく悶々とした日々を過ごし かつては描くのが楽しくて仕方なかった日々の映像のみが脳裏をよぎり、気持ちは焦り日はだんだん迫ってくるし、途中でギャラリーに延期をお願いするほど追い詰められていました。

でも、逃げられない、もうこうなったら開き直りしかない!
納得のいく展覧会ではなかったですが、少しでも前に進めた自分の姿を見て自信を取り戻すことができました。

これは昨年の銀座の個展後の感想です。



今回の大阪のギャラリーは10年前に心斎橋より中之島にお引越しをされてて、しかもすごく広くて明るくて綺麗なスペースです。

LADSギャラリーは具体美術の作家さんを中心にされていて、でも現代アートもあり日本画もありで、私の作風に合うか気になりましたが、話が進んだ時にオーナーの兵野さんと何だか歯車が噛み合って流れ星が落ちてきたような気がして、ぜひともここで個展を開催したいと思いました。


久しぶりに100号 60号 などいろいろと描いていたのですが最終的には描き上がったのはほんの数点。
このギャラリーセレクト展示に切り替わってしまいました。

でも結果的にはそれもよかったかなあと思っています。

最終日は台風で休廊になってしまいましたが、自分が何を描きたいかっていうことが少しずつ見えてきたことが今回の大きな収穫でした。


今年は絵を描き 発表し絵を販売するようになって30周年。

11月で私も遂に 還暦です!

一周回って 赤ちゃんに戻って
スタートラインにたちましたッですね〜!


今回の個展でオーナーさんから女性の画家は60からよーw? 今後期待しているって励まして頂きました。


今 その言葉が 心に沁みます。

絵を描くのが楽しくて楽しくてたまらない人生に乾杯です!


すぐには役に立たないことや嫌になることもいっぱいあるけど、それもこれもみんなこれからの人生の血となりに肉となると思えるようになってきたなぁ


さあ、毎日くる アトリエのみんなと自分の制作と両立しながらどちらにもエネルギーもらいながらがんばろー!



























































次回の個展でまた、みなさまにおあいできるのを楽しみにしています。
ありがとうございました。







スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://sunnysakae.jugem.jp/trackback/411
TRACKBACK