Message from SakaeKuroda
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ハルナちゃん→ドゥシャン・カーライ | main | 赤い実 >>
木口木版ワークショップ
 
木口木版ってご存知ですか?
以前からとても興味があり、先日エンネンファクトリーさんでおこなわれた
木口木版ワークショップに参加してきました

普通の板目木版と大きく違うのは木を輪切りにした面を使う木版画なのです

板目木版は小学校や中学校の美術の時間にやりましたね
彫刻刀で彫って、インクを塗って刷りました

木口木版の木はとても堅く、彫刻刀も使いますが、ビュランという
道具を使って彫ります

銅版は腐食の面白さですが、木版は道具も少なく手軽に出来るのがいいですね
木版も以前はよくやっていたのですが、久しぶりに直に木を削って
いく楽しさを味わってきました

エンネン工房さんは私の母校の嵯峨芸大の版画の先生の工房で、
私も以前銅版を少し習った事があります

昨年夏に工房兼住まいを新築され、とても広く明るくシンプルで
使い勝手の気持ちのよいスペースです

当日は、普段の生徒さんや昔習っておられた方など9名の
方々と参加してきました

朝9時から・・・なんと!私が本刷りが終わったのは夜の8時でした
遅くまで延長していただき丁寧に御指導いただきありがとうございました



さてさて、版木の大きさは950mm×700mm・・・
なかなか手ごわい!
まず、ビュランが上手いこと使えない!
銅版のように思わぬ失敗に修正がきかない!




でも、久しぶりに長時間でしたがワクワク楽しく童心に帰って
(ほとんど童心のままですがっ!)集中し作品制作することが出来ました

でも、仕上がりは・・・フムフム。。。納得いかんけど、お見せしましょう!



ちょっとはまりそうです〜〜〜♪♪♪

もし、木口木版を一度やってみたい方がおられましたら、
10名ほど集まればワークショップを開いてくださるそうなので
今のところ、私も再チャレンジしたい思っていますの(^・^)
友人も2名ほど参加したいゆうてる人がおります
後、7名集まればと思っています
また声かけてください〜〜〜♪ 
待ってまーっす!






先週、成安造形大学の卒業制作展が京都市美術館で
あったので観にいってきました

3回生のときに銅版画を担当した、飯田さん!
にゃんばら先生というとっても面白いアニメを作っていました
ほんとに本人の性格がストレートに出ていてそれでもって
ほんわか癒されながらもブラックユーモアがきいていて
結構人だかりが出来ていました!

富山に帰ってもまた会おうね〜〜〜!がんばれ〜〜!

もう一点スキだったのは、糸数君といって沖縄から
成安に来ていて、かわいい、仕事のきれいなフィギュア作品でした
自転車好きってのも嬉しくって!
 






アッコちゃん
アッコちゃんも飛んでます〜〜〜♪


これから毎週、芸術系大学の卒展が
毎週、続きます!

若いエネルギーを感じに美術館へでかけましょう〜!
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://sunnysakae.jugem.jp/trackback/79
TRACKBACK