Message from SakaeKuroda
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
ご無沙汰ブログ
ほぼ一年ぶりの投稿です
この一年いろんなことありすぎて
もうちょっとこまめにせめて1ヶ月に一度更新しましょう〜ね?

今日は京都市内も朝から雪が降り続き
積もるまではいきませんでしたが
気温が上がらず家の中でストーブ付けても17°です

去年の12月に新しいワンちゃんを迎え入れ
今は先住犬の7歳のアコねーさんと
新人の4ヶ月のおてんばリリちゃんと

仲良く暮らしています
アコちゃんを飼い始めた頃と今では私も余裕があって
二匹の個性の違いや
二匹の関係が日々変化していくのを見るのがとても新鮮で楽しみでもあります。


話は変わって
先日 京都では
任期満了の市長選挙がありました
現職の門川さんは3期目で12年務めてられましたが
初めの頃はおとなしいしてはったけど
ここ数年耳を疑うようなこと
私達市民を置き去りにした信じられない
ような悪政の指導者になっていて
一市民の私としてもこれはこの4期目の門川悪政を食い止めねばと微力ながら頑張りました
民主市政の会、市民運動、共産党、れいわ新鮮組の推薦から立候補された福山和人さん
弁護士さんで2年前の知事選にも立候補されて善戦されましたw
とても魅力的で人望あつく政策なども本当に素晴らしい福ちゃん
何より
一部のお金持ちや大企業ばかりに
便宜を図る現市長とは対極の私たち市民の味方であるということが一番すばらしいところです

しかし残念ながら当選は叶いませんでした
これを機会にもっといい政治いい暮らしを勝ち取るために今回のような市民ネットワークがますます広がっていくこと間違いなしです!
楽しみです?


画像は 
アコちゃんリリちゃん






福山候補の応援スピーチです














ついでに庭の紅梅とお隣の蝋梅














永遠の別れ


先週の12日(土曜日)に大好きだった母が満88歳の天命を全うしました。
昨年末より体調を崩し入退院をしましたがろうそくの灯が最後の最後に消えていくように延命治療も一切なく穏やか静かに息を引き取りました。
そしてその翌日は7年前の父の命日でもありました。
1日違いの命日なんてなんて仲良し夫婦なのかと娘ながらに感心してしまいます。


昨年、米寿のお祝いをして
これからまだまだ細く長く生きていてくれるかなあと思っていました。
母の老いを感じるようになってから何回も救急車で病院に運ばれたりもうダメかと思い覚悟した時もありましたが、その都度に復活し生命力の強さを感じました。

人の寿命はやはり生まれた時に決まっているとよく言われますが、母の見事な人生の終焉を目の当たりにするとそれは本当なのだと妙に納得しました。
自分の人生と置き換えてみて、私もこれから思いっきり楽しんで盛りだくさんで人生を突き進んで行けてらいいなあって思います!
みなさんお付き合いのほどどうぞ宜しくお願いしますねー!

お母さん〜ありがとう!
秋本番は、もういいかい〜まーだだよーw
9月 25日から30日まで
大阪 中之島 LADS gallery にて初めての個展を開催していました。


事前の告知ではなく、今日は個展が終了して一息ついてのいろんな想いを綴ってみたいと思います。



以前から友人が個展をしていてLADSのことはよく知っていたのですがその頃は繁華な心斎橋にギャラリーはありました。
訪れるたびにオーナーさんが気さくに笑顔で接してくださり居心地の良さ感じてました。


私は、その当時は地元京都で毎年企画展を開催してくださるホームグランドのようなギャラリーがあり、そこの展覧会をこなすのが精一杯でなかなか他のギャラリーで展覧会をする余裕もありませんでした。



今から7年前ごろから母や叔母の介護が始まり制作するどころか自分の体調まで元気印だった私が更年期も重なり辛い日々が続きました。

しかし神様はいつでもみていて守ってくださるもんですね、叔母を見送り私も体調もほぼ元どおりになって昨年から母も施設に入所できるようになり、制作に没頭できるようになってきましたえ。

自分自身を奮い立たせるために、昨年は東京銀座で、今年は大阪で個展を開催することにしました。

しかし 以前のように調子もなかなか戻らなく悶々とした日々を過ごし かつては描くのが楽しくて仕方なかった日々の映像のみが脳裏をよぎり、気持ちは焦り日はだんだん迫ってくるし、途中でギャラリーに延期をお願いするほど追い詰められていました。

でも、逃げられない、もうこうなったら開き直りしかない!
納得のいく展覧会ではなかったですが、少しでも前に進めた自分の姿を見て自信を取り戻すことができました。

これは昨年の銀座の個展後の感想です。



今回の大阪のギャラリーは10年前に心斎橋より中之島にお引越しをされてて、しかもすごく広くて明るくて綺麗なスペースです。

LADSギャラリーは具体美術の作家さんを中心にされていて、でも現代アートもあり日本画もありで、私の作風に合うか気になりましたが、話が進んだ時にオーナーの兵野さんと何だか歯車が噛み合って流れ星が落ちてきたような気がして、ぜひともここで個展を開催したいと思いました。


久しぶりに100号 60号 などいろいろと描いていたのですが最終的には描き上がったのはほんの数点。
このギャラリーセレクト展示に切り替わってしまいました。

でも結果的にはそれもよかったかなあと思っています。

最終日は台風で休廊になってしまいましたが、自分が何を描きたいかっていうことが少しずつ見えてきたことが今回の大きな収穫でした。


今年は絵を描き 発表し絵を販売するようになって30周年。

11月で私も遂に 還暦です!

一周回って 赤ちゃんに戻って
スタートラインにたちましたッですね〜!


今回の個展でオーナーさんから女性の画家は60からよーw? 今後期待しているって励まして頂きました。


今 その言葉が 心に沁みます。

絵を描くのが楽しくて楽しくてたまらない人生に乾杯です!


すぐには役に立たないことや嫌になることもいっぱいあるけど、それもこれもみんなこれからの人生の血となりに肉となると思えるようになってきたなぁ


さあ、毎日くる アトリエのみんなと自分の制作と両立しながらどちらにもエネルギーもらいながらがんばろー!



























































次回の個展でまた、みなさまにおあいできるのを楽しみにしています。
ありがとうございました。